日向坂46「キュン」所感と感想

日向坂46「キュン」所感と感想

実のところ、最初はちょっと受け入れがたかった日向坂46「キュン」です。

僕は坂道好きですが、アイドルっぽさみたいなのはあまり求めていなくて、坂道グループから感じるノスタルジックさや切なさみたいなものに強く惹かれています。

そういう意味では欅坂46の「黒い羊」のような、ドラマ性のある楽曲は大好物ですし、首都高をドライブしながら延々と黒い羊を流すという、ドライブにあるまじき行為をして密かに楽しんでいるような人間が僕です。

そこへ来てのキュンはちょっとさわやかすぎて…

やめてくれ日向ちゃん…僕の闇があぶり出されるじゃないか…!と、心の中で叫んだのであります。

アイドルらしさに感じる恥ずかしさ

人の感性はそれぞれですので、どんな表現が琴線に触れるのか、それこそキュンとするのかは、本当に千差万別です。

それでもアイドルに関しては、いわゆるアイドルらしい振り付け、アイドルらしいポーズ、アイドルらしいダンスというのがありますよね。

「アイドル」と聴いて連想される、カラフルな衣装を身にまとって歌って踊る女の子。

そういう典型的なアイドル像を求めている人にとっては、「キュン」は恐らくどストライク!でしょう。

ただ、僕のような音楽好きなひねくれ野郎にとっては、キュンのMVはちょっと恥ずかしく感じてしまいます。

恥ずかしさの根源は何か?

恥ずかしさを感じてしまうのは確かなんですが、「キュン」は、AKBのような分かりやすいアイドル像を体現したMVかというとそこまでではないですよね。

清楚な制服を身にまとっているし、綺麗な青春感を醸し出していて、明らかにステレオタイプなアイドルのPVとは違います。

でも、それでも恥ずかしさを感じてしまうのは何なのか?

それは…

僕が自意識過剰だからなのです。

単にアイドルのPVをニヤニヤしながら見ているという自分の姿を俯瞰で見た時に耐えられないという…

何ということでしょうか。まだまだアイドル道の修行が足りません。

アイドルが好きで、よく会社でネタにされますけども、

「いや待ってくれ違うんだ。確かに好きなんだけど、いわゆる●●ちゃん萌え~みたいな感じじゃないんだ。楽曲とか世界観が好きなんだ!」

みたいな言い訳をしながら、結局やっていることはニヤニヤしながら「キュン」を見ているわけで…ただただ素直に、

あぁぁぁぁぁぁぁぁ!めみたそ~~~~!

と、叫んでいればいいだけの話なのであって、実際そう思っているんだけど、こんなに長々と言い訳がましく「キュン」を聴いている男も、日本の片隅には生息しております。

残念ながらこの記事にたどり着いてしまったあなたはどうでしょうか?

 

素直に、あぁぁあぁぁぁぁ!かとしが…好きだよって………さぁぁあぁぁx!

 

と言えるあなただとしたら、僕はあなたの純粋な気持ちにそれこそ「キュン」としてしまう。

 

いつか僕も大声で素直に言える時が来るのだろうか?

 

あぁぁぁぁぁぁぁぁ!めみたそ~~~~!







音楽コラムカテゴリの最新記事